絵を描くことに付随する恐怖心

絵を描くことが一段落ついた感覚があるので、ここで一回まとめておきたい。というよりも、何回か絵を描いていて課題になっている精神的な問題についてまとめておきたい。

簡単に言ってしまうと、絵を完成させることに対する恐怖感みたいなものがある。何を言っているか分からないかと思うけれども、これがあるんだから仕方がない。どうやら自分の中のハードルが高くなりすぎている。

絵を描くという作業は段階的だ。最初はラフ画を描いて、そこから徐々に詳細へ映っていく。色塗りも同様だ。最初はガッサリと塗ってしまい、影をつけることで徐々に立体感を出していく。この「徐々に完成に近づいていく」という過程を延々に続けるのが絵を描くという作業だ。

この作業過程のうち、気が楽なのはラフを描いている時だけだ。それ以外の作業は全て”完成形”の一部となってしまう。線もそうだし色もそうだし形もそうだ。全てが完成形の一部である。しかも文章と違って後から修正するのが結構難しい。

だから一手一手が重くなってしまう。要するに、自分自身の作業に対して自信が持てていない。もしくは割り切りが足りていない。結局は今この瞬間に引いた線が、その時にひける最高の線なのだが、それを”今”この瞬間にやるということに抵抗感を持ってしまっている。

つまりは「もっとよく描けるのではないか?」という期待を持ってしまっている。欲望と言っても良いかもしれない。そんなものがあっても仕方がないのだが、どうしても脳から抜けないのだから仕方がない。相場と似たようなものだ。金に対する欲求を無くすのが難しいように、もっと良い線をひきたいという欲求を無くすのは難しい。


元も子もないことを言えば、やらなければうまくならないし、やらない限りはうまくなることはない。でもそれとこれとは別だ。恐怖心みたいなものは常に付きまとう。「別に下手なものだっていいじゃん」と割り切ったフリをしても、心の底にある”感情”を分離するのは難しい。

それを乗り越えるのには体力が必要だ。気力とも言える。「そんなものは別にどうだっていいのだ」と表層意識で考えて、心の底の感情を塗りつぶす必要がある。それがなかなか難しい。勢いみたいなものが必要となる。

配信で絵を描くと楽なのは、絵を描かざるを得ない状況に追い込まれているからだと思う。線をひかないといけない状況だ。同じ場所で何分も立ち止まっている訳にもいかない。手をどんどん先へ進めていかねばならない。そうした強制力が働くので絵を描くのが楽になる。自分自身への言い訳と言ってもよい。

自分へ「こうして時間に(配信に)追われているのだから、ちょっとくらい雑でもいいだろう。スピード優先だ」と言い訳をすることでようやく線を確定させることができる。絵は決定の連続だ。どこに何を描くか。色はどうするか。気になるところは修正するのかしないのか。一手一手が一つの”決定”と言っても良い。

それを延々と続けなきゃいけないからつらいのだと思う。なんだか考え方を変える必要がある気がするけれども、なんだかこれは一つのハードルな気もしている。なぜなら、もうきちんと線をうまくひけば、割りかしキレイな絵になることを体験してしまっているからだ。割りかしキレイな絵に対する欲求を持ってしまっている。

むしろもっと何も分からなかった時の方が適当に絵を完成させることができた。微妙にうまくなったことで、微妙な欲求が生まれてしまっている。これが今後ずっと続くのだとしたら、なんらかの方向転換、対策を考えないといけない。


一つは”強制力”を働かせることだ。ノルマと言っても良い。「一日で終わらせる」とか「配信でやる」とかそういうことだ。でもこれはこれでつらい。でもつらくない方法があまり思いつかないのも事実ではある。

絵で現実逃避がしたいほど現実が嫌なわけでもないし、絵の世界にとてつもなく魅入られているわけでもない。なんとなくで絵を描いているので、なんとなくのモヤモヤが立ちはだかっている。はたしてどうやって乗り越えていくべきか。

何も考えないというのは一つの手ではある。というよりは、何も考えられないほど疲れた状態にする、というが手だ。絵を数時間も描いていると、色々とゴチャゴチャ考えるのがつらくなってくる。脳が決定疲れを起こしてくる。多少線がブレていても「そんなものは些細なことだ」という気持ちになってくる。こういうときは割りかしどんどん手が進む。

最初の1時間なり2時間なりを乗り越える方向で頑張ってみるか。「どうでもいいじゃないか」と心底思うためには、自分自身がそれ相応に疲れ果てるしかない。悩む元気があるから悩んでしまう。そんな余裕を無くした先に進めば良い。

でもこれはこれでつらい。なにせ脳を疲れさせる訳だから。でも完全に楽しく何かをやるなんて幻想なんだろうなと思ったりしている。とにかく「些細なことはどうでもいい」「手を動かすしかない」「考える必要はない」といった方向でやるしかないのだろうな。


何事においても「期待する」という行為は破滅を招く。何かを期待してはいけない。自分自身に期待してもいけないし、外部環境に期待してもいけない。期待は妄想であり、それが叶えられたとしても喜びは少ないし、外れたとしたら落胆が大きい。コスパの悪い感情である。

だから期待をしてはいけないのだけれど、どうしても期待をしてしまう。「今」から離れて「未来」へ思考が飛んでしまう。瞑想が足りていないのかもしれない。現実認識がおろそかになっている。

瞑想の考え方からすれば「期待する」という感情にメタ的に気づくことができれば、その感情はフェードアウトしていく。絵を描く前に儀式的にそういった感情の点検が必要かもしれない。タバコの時間と結びつけて習慣化するなどしようかな。俺は期待を抱いているのか否か?