実家に帰ってきた

実家に帰ってきました。引っ越し準備やら何やらで精神的リソースを削られ続けていたので日記を書くのも久しぶりです。日記の更新頻度はメンタルのバロメータである。

帰ってきてもまだまだやることは山積みになっています。まず引っ越し後の免許書換えなどの作業が残っていますし、部屋の中もまだ乱雑です。これらについては少しずつ整えていこうと思います。いくらやっても終わりが見えない。

帰ってきて感じているのはやっぱり田舎に住んでいるのが精神衛生上は一番良いなということです。家から出れば遠くの景色まで見透かすことができます。目に一番良いのは自然の景色なので、これで視力の悪化も防げるだろうし、目の調子も良くなるかもしれません。目が良くなれば肩こりや身体の不調も良くなるかもしれません。楽しみなことばかりです。

あと田舎だと熟睡率が高い気がします。昨日散々引っ越し作業で運動したというのもありますが、今日はとても良く眠れました。ここ1ヶ月くらいはワクチンを打ったのを機に、どうも頭と身体の調子が出ていませんでした。その辺を体力回復させて修正できたらなと思います。

日記を書いていない2週間の間に色々とやっていました。まずpixivのアカウントを作成しました。今まで描いた絵を適当にあげてみたら案外リアクションが多かったのでビックリしました。初心者を監視している勢力が居るのかもしれません。

まあ大した絵ではありませんが、こうしてネット上に自分で描いた絵をアップロードできるようになったのはかなりの進歩です。2ヶ月前くらいに「絵を描くのは訳分からん」と言っていた頃に比べたら成長したと言えるんじゃないでしょうか。

今も描きたいのは山々なんですが、まずペンタブを段ボールの山から引っ張り出して、PCと一緒にセットアップしなければなりません。流石に今週中には終わると思いますが、それをするまでは何もできないという感じです。

絵で描きたいことはたくさんありますし、それ以外にもやりたいことがたくさんあるのですが、身体の体力が追いついていない印象です。引っ越しというのは人間の身体のとってストレスの多いイベントなので多少は仕方がないですね。当分は環境の変化に適応していく時間になるかなと思います。

あと絵を描かずに引っ越し作業をしていて思ったのは、絵を描いてないとストレスが解消できないということですね。どうも頭の奥底にある部分が絵を描くことでストレスを発散している感じがします。

絵を描いている時って基本的に無になります。瞑想をしている時と同じような状況です。その時間が無くなった結果として気分的に厳しくなっているのかもしれません。絵を描いてれば他のことは何にも考えずに済みますからね。

それと最近は夢をよく見ます。その夢の内容を絵にしたいという気持ちがあります。まあ画力が追いついていないので絵にできないんですが。そういった目標というか根元に気持ちがあるので、そのために行動できていないとどうにも微妙な気分になるようです。

深層心理に欲求不満があり、その欲求不満が夢としてあらわれている感覚です。夢の内容が必ずしも欲求不満であるとは限らないんですが、自分としてはこれは欲求不満だと思っています。これを解決するには絵を描くくらいしかありません。「何が不満なん?」が夢の内容として現れていて、それを現実世界で実現することは不可能なので、絵でどうにかするしかないという感覚です。

人によって絵を描く理由は色々あると思いますが、自分の中で一つスッキリしました。現実ではできないこと、実現不可能なことを絵に描くことで自己満足させるというのが、絵を描く主な理由になるんでしょうね。

しかしながら夢というのも深層心理というのもよく分かりません。なぜこれが出てくるのか、果たして一体何がいけなかったのか。生きていてなんとなく不満足な人間と、日々を充実して生きている人間がいます。金があるとか無いとか、仕事が忙しいとか忙しく無いとか、そういうのは別として人間の深層心理次第で満足するかしないかが決まるのかもしれません。

夢というのはまあ一つのヒントになるので、その辺を手がかりにやっていこうと思います。

それにしても深層心理にある不満感を解決するためには現状「絵を描いて仮想的に状況を実現させる」くらいしか手段がなく、他にできることがないというのも面白い話です。人生とは一体なんなのか? という気持ちです。

でもまぁやるべきことが見つかったのは良いことですね。特に他にやることも見つかりませんし、この方向性でやっていってみようと思います。と言ってもやれるのは絵の練習くらいしかありませんが。