栗城史多のノンフィクションを読んだ

『デス・ゾーン 栗城史多のエベレスト劇場』を読みました。なかなかスゴイ内容でした。栗城史多がなぜ死ぬことになったのか、について包括的に知りたい人にとってはオススメです。

なぜこんな本を読むことになったかというと、前々から欲しい物リストに入れるくらいには気になっていたんですが、金曜日の夜にメイドラゴンSを見て、加藤純一のカイジモノマネ集を見て、そういえばカイジのアニメって面白かったよなと鉄骨渡り編を見て、この死に近い感じって登山に似ているなと思って、遭難系のドキュメント本を読んでいるうちに、この本の存在を思い出したからです。

自分の解釈としては、栗城史多はYoutuberの先駆け的な存在だったけれども、資金調達の為にスポンサーやファンから金を集めているうちに狂ってしまい、エベレストに単独無酸素で登って人々に夢と勇気を与えたいと宣言している表側の自分と、そんなのは不可能だと分かっている裏側の自分での狭間で揺れ動いた挙げ句、指を失って鬱になって死んじゃったって感じかなと思いました。

読んで一番驚いたのは、指を失う凍傷は自作自演だったんじゃないかという登山隊メンバーの証言があることです。ファンに見せる物語を劇的に見せるために、自分から雪に指を突っ込んでわざと凍傷を負ったんじゃないかと。

でも過激系Youtuberやこの前に富士山から滑落したニコ生主のことを思い出せば、この行動も腑に落ちるんじゃないでしょうか。人々に見せるための自分をより面白くするために、過激な行動に出てしまう心理。その結果として、わざと凍傷を負ってそこから劇的に復活してみせようとしたけれども、配分を誤って指切断という末路になってしまったのでしょう。

「エベレストに登れれば良いけれどもそれはできない。ならば凍傷を負ってそこから立ち直る姿を見せれば良いんじゃないか」という思考過程はいかにもありそうです。

自分が栗城史多を知ったのは指が凍傷で切断しなければならなくなったのに、それでもオカルトやら粉をかけるやらで、自分の指は治ると主張しているイカれた姿からでした。自分は登山家みたいな人間がどうしてこんな狂った言動をするのだろう? と前々から疑問に思っていたので、これには納得です。

そもそも人に見せるためのショーとして凍傷を自演しようと思っていたら、それが切断する羽目になってしまったら人間心理としては狂ってしまってもおかしくありません。要するに現実を認めたくない心理が強く働きすぎるわけです。それがイカれた言動に結びついたんじゃないかと憶測しています。

また、凍傷になって指を失った後も何回かエベレストに登頂しようと試みているわけですが、その度にネット民から猛烈に叩かれています。まぁ2015年辺りのネットというのはまだまだ過激でしたからね。炎上も今よりももっと陰鬱な形を取っていたような気がします。

指を失っても再起を図って頑張ってもネット民からは叩かれ、スポンサーは離れ、段々と飽きられていく。大衆やインターネットというのは本当に怖いなぁと思います。神輿を担ぐだけ担いだ後、飽きたら無視していく。でも世の中なんてそんなもんだと思います。

もし狂ってなければ「世の中なんてそんなもんだよなぁ」と別の道を探ることもできたんだと思いますが、栗城史多は狂ってしまったし、なんなら鬱状態でもあったらしいです。こうなったらもう死ぬ以外の道は無いのかもなと思います。

ちょっと自分が思うのは、栗城史多はYoutuberの先駆け的な存在としてメディアに持ち上げられまくっていた訳ですが、普通にYoutuber最盛期と活動時期が被っていればこんな不幸な目に合うこともなかったんじゃないかということです。今なら山から中継はやってなくとも、普通に山の上のリアリティのある動画をアップロードしている人はいくらでも居ますからね。

でも本によると栗城史多はビジネス的なセンスがあったらしいです。つまりは時代の先読み能力ですね。先読みしまくった結果として00年代のうちから「これからはネット配信が来る」と読んでいたし、それを登山と組み合わせることで華麗な成果を挙げられたし、先行者として莫大な金を調達できた訳ですが。結局ビジネスとしてうまくやっていたんでしょうね。Youtuberともまた違うのでしょう。

考えれば考えるほど、めちゃくちゃ不幸な人生だなと思えてしまいます。エベレストを登ろうとしたのも"七大陸最高峰登頂"という聞こえの良い言葉を達成したからです。実際7つのうち6つには登っています。6/7が達成できたのだからあと1つくらいは出来るでしょうと思えてしまうのもありそうだなと思います。

まぁあまり考えていても仕方がありません。結局この本には様々な要因が絡んだことで栗城史多は死んでしまったということだけが書かれています。それは栗城史多本人の資質もそうだし、時代もそうだし、周囲の人間もそうだし、別に誰が悪いというわけでもありません。運が悪かったということなのでしょう。

自分としては「ペルソナと素の自分の乖離」というテーマで考えるのが一番スッキリするんじゃないかと思いました。外面と内面との乖離が大きくなりすぎるとそれは人にとって非常なストレスになります。普通の仕事でもそうですよね。ペルソナを演じ続けていると素の自分が何を考えているのか分からなくなってくる。

たとえば加藤純一は間違った行動で少し炎上した後に、それに対して擁護する意見がたくさんあったにも関わらず、自分の意志で1ヶ月の謹慎を行っていました。その間に家族にあったり友達にあったり運動したりしていたらしいです。そこで素の自分とは何かを取り戻したんじゃないかと思っています。

2020年になってからコロナの影響もあって加藤純一の視聴者数と知名度が今までに無い勢いで増えていきました。それがストレスになってペルソナと素の自分との乖離に繋がってた、もしくはその間のバランスを欠くことに繋がることもあったでしょう。

栗城史多も謹慎でも休養でも取って、自分の人生を考え直す時間を取ればよかったのになと思います。動き続けなければならない理由があったのでしょうか。金と責任の問題から逃れられないことはままありますね。

いまのyoutuberを見ていると、ペルソナはペルソナとしてあるにしても、素の自分を普通に見せる局面もたくさんあって良いことだなと思っています。実は芸能界もそうですね。ゴールデンタイムのバラエティ番組では誰しもがキャラを演じていますが、たとえば『あちこちオードリー』に出てきたときの芸人なんかはかなり素の状態で話しているように見えます。

あと芸能人でもyoutubeの街録chに出てくるノブコブ吉村崇なんて素すぎてビックリしました。テレビに出てくるときのキャラと比較すればわかるんですけど、完全に素です。


今の時代ってテレビでもyoutubeでも、芸能人などの強固なペルソナを持っている人間がきちんと人間としての素を公開できる機会が増えてて良いなぁと思います。10年前くらいなら考えられません。これも時代の変化ですね。

まさにその10年前の時代の空気の被害者が栗城史多だったんじゃないかと自分が思っています。いまの時代に活躍したら死なずに済んだのに、と思っているのもこれが理由です。素の自分をさらけ出す機会があるし、むしろ今の時代は素の自分をさらけ出した方が好感度が高まるまであります。

自分も「ペルソナと素の自分」には注意を払っていきたいです。今回のこの本を読んでいて、本音を気軽に外部へさらけ出せる状態が人間にとって一番幸せなのでは? とも思ってしまいました。栗城史多の場合、本音をさらけ出せる相手が怪しい占い師だけになっていましたが、そうなったらもう狂っていくのみです。

僕もわりとTwitterやらこの日記やらで外部へ意見を公開するタイミングがありますが(見ている人は数少ないにせよ)、そこでは完全に本音で書いています。まぁその時々での本音ですね。

特に着飾る部分もありません。思ったことをそのまま書いています。疲れていたり精神状態が悪かったりするとその思ったことにも歪みが入ってしまうので、そうはならないように気をつけています。

まぁ逆に言えばペルソナを構築するほどの体力・気力が無いほど老いているということでもありますね。今の若者はペルソナを華麗に使い分けているらしいです。僕はというとその気力も無くなり、仕事でもネットでも友達間でも家族間でもだいたい同じテンションになっています。ちょっとは違ってるかもしれませんが。

とりあえずはこの状態で生きてってみようかなと思います。ペルソナの構築ができるほど器用でもないし、やる気もないし、疲れるのは嫌だからです。

あとは日記を書いてないと本音はいまいちわからないってのがあります。自分の考えていることはいまいち自分でも分かりません。文章にして書いてみて、「へ~自分ってそうやって考えてるんだ」と気付ける場合もあります。前は他者との会話の中でそれができていましたけど、今は文章くらいしかないですからね。自分の本音確認のための日記、最近は引っ越し作業がダルくて書いてませんでしたけど、続けるようにしたいですね。