ワクチンで体調壊して振り返る

ワクチンで体調壊す

ワクチンの副反応で体調を壊していました。普通に風邪とほぼ同じ症状が出て寝込んでいました。体調が優れないことが多くあったものの、体調を壊したのは久しぶりだったので新鮮な気持ちです。

消滅した月火水については特に書くことはありません。ただ何もせずにネット上で動画を見ていただけです。映画だと『エクソシスト』と『ゴッドファーザー1』『ゴッドファーザー2」を見ました。面白かったです。どれも思っていたよりエグい話でした。

それはともかく熱を出して寝込んで回復した後ってどうしてこうも清々しい気持ちになるのでしょうか。発熱と同時に普段の体調不良までどこかに精算できたような気分です。今日はなんだか過去の記憶の入り混じった半ば悪夢じみたものを見て、朝起きた瞬間には感情がグチャグチャになっていました。

寝込んでいる最中は色々と考え事をしてしまうし、それらはどれも暗いことばかりです。普段は健康に外を散歩できていることって素晴らしいことだったんですね。

ワクチンは一般的に2回目のほうが副反応は強いらしいです。1回目でこんな目にあっていたら次はどんな目に合わされるのでしょうか。楽しみですね。できるかぎり疲労は溜めずにおこうと想います。救急車沙汰にはなりたくありません。

夢を見て色々と考えることがありました。最近はどうも夢日記を書く気になりません。朝起きて夢の内容を結構覚えていて、それを思い出そうと脳を働かすんですが、そうすると途端に怖くなります。なぜかは分かりません。なんだか思い出してはいけないものを思い出そうとしているような気分になります。

多分悪夢を見ているからでしょう。これが楽しい夢だったら喜び勇んで思い出しているはずです。悪夢を思い出す必要はあるのか? 忌まわしい記憶は忘れ去った方が良いのでは? あと最近は禍話も聞いています。その影響もあってなんだか霊的な意味での恐怖もあります。

朝起きた瞬間って普段と違って現実と妄想の入り混じった状態に脳があります。その状態で夢を思い出そうとした瞬間に恐怖を抱いたらそれはもうバッドトリップのようなものです。それ以上は進むことができません。怖いことばかり考えてしまいます。そういうときはスマホでツイッターなどを開き、適当なニュースで夢の残滓を消し去ります。

そんなことをやっていると人間ってのは成長しないなと思ったりします。人間は成長しない。悲しいけど事実ですね。この歳になっても怖いものは怖いし、悪夢は思い出したくないし、楽しい夢がみたい。そんなものです。

自己の維持

今日の夢の影響が強いのか「自己の維持」について考えてしまいます。そもそも自己ってなんやねん、って感じはありますけれども、自分自身とは一体どういう存在なのか?という若者にありがちな悩みです。

というよりも、「俺は自己を維持できているのか?」という疑問です。外に出て人と話さないのでこういう悩みが出てきます。リモートワークで一人暮らしをしているとこれが結構深刻な問題となってきます。ここ数日日記をまともに書けていなかったこともこの疑問に拍車をかけています。

以前、某有名vtuberの中の人と話したことがあって、その時に色々と考えさせられたことがありました。その人はとても自分のコアを大切にしているそうです。それが最優先で、他の金や環境は二の次なんだと言っていました。

そしてこの前は元引きこもりの同学年の友人と話をしました。そこでも引きこもりでまともに居るコツは自分の好き嫌いをハッキリさせて、自分を見失わないことだと言っていました。

その上で世の中を考えてみると、やはり自分というものを見失っていない人間が強いように思えます。自分や自己を見失った上で成功している人を見たことはありません。逆に自分を見失って不幸になっている人間は大勢見かけます。

それでは果たして自己とはなんなのか? 自分にとっては少なくとも今書いている日記は今の自己が書いているものなので確かだと言えます。逆に、それ以外の大抵のものは不明瞭だと感じられるかもしれません。

まだ人と話している場合は別です。他者とのコミュニケーションの中で自己像が作られてくる。それもなくなると日記を書くくらいしか自己を維持する方法はあまりありません。

日記を書けている期間は精神状態も良好です。人とのコミュニケーションの量が減れば減るほど日記を書く量が増える。2020年度まで日記を頻繁に書かずともまともで居られたのはマニさんと頻繁にコミュニケーションを取っていたからでしょう。マニさんありがとう。

そういえばTwitterも最近は活発になっている気がします。結局のところTwitterも同じで。あそこでツイートを繰り返すことで自己の形をクッキリさせる試みをしている。そうしないと不安だからやっているんでしょう。

最近になって絵を描き始めたのもこの流れからかもしれません。文章だけでは満足していないから、絵を描き残すことでその時の自己をハッキリさせようとしているのかもしれない。確かに文章は読み返すのがダルいですからね。絵ならば過去に描いたものでもものの数分でザッと見返すことができる。これはありがたいです。

文章、動画、音声、などなど色々と残せるものはあります。その中で絵は一覧性が非常に高い。過去のものをザッと並べればそれを一度に全て把握できます。その点が素晴らしいですね。その分、1つの絵を描くのに時間がかかりますけれども。

結論としてじゃあどうすれば良いのかって話ですが、適当に文章を書きつつ絵も描いていればそれで良いんじゃないでしょうか。最近は特にこれがやりたいという強い思いも消えてなくなりつつあります。流れに沿っていけば良い。それ以上のことはどこにも無いですね。

欲求というのも非常に流動的だと思います。果たして日記を書けている理由はなんなのか? なぜバイクを取ったのか? なぜプログラミングができるようになっているのか? なぜ絵を描き始めたのか? そういったことを考えればキリがありません。たまたまです。

そうやってたまたまに乗じて流れに沿って生きていくしかなさそうです。気合いを入れても続きませんし、力んでも疲れるし、今やりたくないことをやってもしんどくなるし、良いことはありませんからね。

6月総括

そういえば7月になりました。6月の総括でもしておきましょうか。

6月

なんか適当に生きていても結構色々なことをやっていました。少なくとも5月に比べたら活動できています。サプリさまさまです。7月もダラダラやっていきたいですね。