禁煙を断念し、水タバコを吸う

水タバコうめえ~

世の禁煙メリットが気に食わない

 3ヶ月続いていた禁煙を諦めました。色々なストレスが重なった結果、禁煙の禁を破ってしまいました。「ストレスが~」なんてのは言い訳に過ぎません。認めます。負けました。ニコチンを摂取せずに生活するのは無理でした。

禁煙の本質は脳内のドーパミンにあると思っています。金銭や健康なんてものはどうでもよくて、なんなら中毒症状についてもどうでもいいです。そんなものは全てくだらないことです。「煙草は金の無駄」と言うのであれば究極的には旅行だって「旅行なんて行って帰ってくるだけなので金の無駄」と言えてしまいます。煙草と旅行、どこに差異があるというのでしょうか。

よく禁煙を開始した人が挙げるメリットに「喫煙所を探さなくて済むようになった」というのを挙げていますが、私はアレにも納得がいきません。外部的な要因に左右されているからです。もし喫煙所を探す必要がなく、それこそ電車の中でも喫煙が可能だった昭和の時代のような社会であったらこんなものはメリットに数えられません。

まだ「飯がうまくなった」とかの方が納得がいきます。それであれば外部的な要因は関係なく、すべては自分の中で起こった感覚のみで完結します。禁煙をした代わりに飯をより楽しめるようになる、これは素晴らしいことです。

他にも納得いかないものといえば「ヤニ臭さが消えた」というものです。ならばタバコ葉を燃やさずにニコチンを直接摂取するのはどうなのでしょうか。今の世の中であればそんな方法はいくらでもあります。ニコチンパッチがその最たる例ですし、探せばニコチンスプレーなんてものも見つかります。何かを燃やすことなくニコチンを摂取するのであれば、ヤニ関係のメリット・デメリットは全て関係なくなってしまいます。

禁煙とは

とすれば禁煙の本質はどこにあるのかというと「ドーパミンの放出をニコチンに頼らずに行う」という点にあります。ニコチンの摂取という短絡的な手段に頼らずに、食事、睡眠、運動、仕事、この世界に存在するありとあらゆる娯楽で気持ちよくなろうというのが、禁煙の本質です。

個人的な感覚ですが、煙草は良くも悪くも判断基準をバカにさせる効果があるような気がします。なぜならば煙草を吸うだけでなんとなく楽しくなってしまうからです。どんな状況にあろうと煙を一吸いするだけで脳からはドーパミンが放出されるので、どんな娯楽も同等に楽しめてしまうのです。

それって良いことなのでしょうか。自分自身の持つ判断基準が鈍らないでしょうか。そうやって自問自答をしていくと、禁煙することのメリットが見えてきます。どんな状況でも楽しくさせてしまうニコチンを絶ち、ナチュラルな状態で己の頭にドーパミンを供給してくれる作業を探し出すのです。運動、食事、仕事、趣味、ドーパミンが放出されるのであれば何でもありです。

禁煙というものをそう捉えていたので、私も禁煙中には色々なことに手を出してみました。ですが何をしても満たされない感覚が付きまとい限界になってしまいました。本当に驚くべきことに、何をやっても満たされませんでした。

手遅れかも

なんであれ心が満たされるものが見つかれば良かったのです。要するに喫煙の代わりとなるような活動です。「これをやっていれば煙草なんていらないな」と心の底から思える何かです。それがありませんでした。

運動も料理も旅行も高い外食も自然散策も、結構色々なことをやってみました。もちろん他にもやれることはたくさんありますが、そうやって色々なものをナチュラルに経験していくうちに、心の奥底にある絶望は膨らんでいったように思います。「あぁこんなにも色々な体験をしているのにも関わらず心の底からは楽しくないのだな」と。

こうなってしまうと、ニコチンを摂取しながらプログラミングをしたり、映画を見たり、文章を書いている方がよっぽどマシです。心は満たされますし、満たされながら作業をしているので何かしらは残ります。「なにをしても満たされない……」と苦しみ藻掻くことに疲れ果ててしまいました。

水タバコって良いね

禁煙を解いたといっても、紙巻き煙草は止めました。値上げもしますし吸える場所も社会から排斥されつつあります。あの身体に悪い感覚が好きだったのですが、そんなものを吸い続ける道理はどこにもありません。

ひるがえって水タバコは良いです。特に吸い始めるまでに準備しなければならない点が良い。あまりにも簡単に吸えてしまうと吸えない環境に苛立ってしまいます。Vapeに手を出すというのも考えましたが、あれはボタンを押すだけで四六時中吸えてしまうので、もし長距離移動をすることになったり、オフィスで仕事をすることになったり、喫茶店で作業をするような状況になったときに苦しみかねません。水タバコは容易に手を出せないのが良いのです。

とは言っても、いまは在宅勤務をしているので事実上はいつでも水タバコを吸える環境にあります。どこまで自制できるかが鍵でしょう。個人的には朝晩の1日2回くらいがちょうど良いのでは、なんてことを考えています。これもまた毎日の習慣になってしまうと旅行をした際に苦しむことになるので考えものです。

いやしかし毎日を楽しく満足して過ごすことと、滅多にしない旅行が喫煙欲で阻害されることを天秤にかけたとき、果たしてどちらがより良い人生に寄与するのだろうか、と考えると微妙ですね。毎日使っても良いのかもしれません。旅行の時だけは葉巻を持っていく、というスタイルも考えられますしね。

当分は無理です

こんな感じで煙草のことを考えるとウキウキな気持ちになってしまうので、当分の間はニコチン断ちは無理なようです。自分としては酒も飲まないし風俗も行かないしコンサータみたいな薬物を医者に処方されてもないし運動もしているので、ニコチンくらいは頼むから許してくれという気持ちです。誰に許しを請いているのかは分かりませんが。

思い返してみると、初めて煙草に手を出したときも「何をやっても満たされない」の感覚が消えないからでした。25歳くらいの時に初めて喫煙が習慣化したので、「格好いい」とか「友達が吸っていたから」とかの理由ではありませんでした。ただ、ニコチンという薬物に助けを求めた結果として喫煙を開始したのです。

あれから5年が経ちましたが、自分はまだあの頃から何も変わっていないのかもしれません。この歳になって人間が変わることってそうそうないので、おそらく今後もこうやって生きていくことになるのでしょう。ニコチンについては受け入れるしかないのかもしれない、と今回ばかりは心を折られた感じがします。