瞑想とは

瞑想

瞑想ってなに?

ことあるごとに「瞑想いいですよ」と言うと「瞑想ってなに?」「どうやってやるもんなの?」と聞かれるので、瞑想について考えていることをまとめておきたいと思います。

私がやっているのは瞑想の中でも「ヴィパッサナー瞑想」と呼ばれるものです。専門家ではないので詳細を知りたいならググってください、と言いたいところですが簡単に説明します。

瞑想は大きく

に分けられます。一般的に瞑想と聞いてイメージ頭に浮かぶ座禅を組んで心を無にしていく瞑想がサマタ瞑想です。呼吸や概念に集中し、頭の中を空っぽにしていくようなイメージですね。

一方で一瞬一瞬に集中し、自分の頭に浮かんでくる感覚やイメージに気付く訓練がヴィパッサナー瞑想です。こちらは散歩しながらでも、料理をしながらでも、仕事しながらでも、座禅を組みながらでも、やろうと思えばいつでもできます。

でも初心者がどこでもすぐできるわけではないですし、そんなに長時間は集中できないので自分は時間を取っておこなっています。どこでもできるとはいえ、きちんと座って15分きっかりを瞑想の時間にあてています。

自分がやるとどうなるか

これはあくまで自分のやり方なので、詳しい方法はググるなり本を読むなりしてください。

15分と時間を決めておこなっているので、まずはタイマーをセットします。タイマースタートから開始して、座って目を瞑り、呼吸の感覚に意識を向けます。具体的には息を吸ったときのお腹の膨らみと引っ込みを意識していきます。

ですが、だいたいにおいて意識はすぐに呼吸からそれていきます。まず感じるのは身体のこわばりです。身体の節々が硬いので座る姿勢を取るだけでもその部分が痛むのです。その痛みに対して例えば「右の股関節に圧がかかっていて痛い」などとラベリングしながら右足の位置を調整していきます。

ある程度まで身体に違和感がなくなるまで調整がし終えたら(時間経過でまた違和感は復活しますが)、また呼吸へ意識を戻します。ですがまたもや意識はそれていきます。次はだいたい頭の中にあるイメージへ集中します。

これが色々と勝手に浮かんでくるわけです。朝に瞑想をやれば「今日はこれからどうしようかな」と計画が浮かんでくるし、夜に瞑想をやれば「今日一日はあれがいけなかったな」といったような反省が浮かんできます。これらも浮かんできたことに気づいた瞬間に「今日の計画をしている」「今日の反省をしている」といったようにラベリングをして打ち消します。

他にも「15分って長いな」「タイマーって本当にセットしたっけ。確認しようかな」「疲れたから横になって寝てしまいたいな」といった気持ちも出てきます。これらも「残り時間が気になってしまっている」「眠気を感じている」といったようにラベリングをします。

あとはこの繰り返しです。頭に何も浮かんでこなくなったら呼吸へ意識を戻します。日によって15分が短く感じるときもあれば長く感じることもあります。呼吸へ集中できることもあれば良く分からない妄想が頭に広がっているうちに15分が終わってしまうこともあります。

効果は?

瞑想ですが時間もかかるし眠くなったりするのでつらいです。それでもやっているのは効果があるからです。

感じた効果を並べてみると

あくまで気分程度の変化であり抽象的ですがこんな感じです。

自分はヴィパッサナー瞑想は集中の訓練だと思っています。基本は呼吸に集中して、そこから意識が他の対象にそれたときにラベリング、再び呼吸への集中へ戻るわけです。この一連の流れって他のすべてに応用が効きます。アニメも映画も読書もゲームも仕事も料理も、すべての作業は

  1. 対象に集中する
  2. 対象から意識が逸れる
  3. 対象へ意識を戻す

の繰り返しから成っています。ヴィパッサナー瞑想はそれを一番ベーシックな形で繰り返していると考えると取っ付き易いし、効果があることに対しても理解しやすいのではないでしょうか。

どうしてやりはじめたか

私が瞑想をやり始めたのは大学院生のときです。DLsiteでダウンロードした催眠音声を聞いたり、研究で鬱になったりと、色々やってたら体調がガタガタになったのでやり始めました。

色々な本なりブログなりを読むと、瞑想は運動と同じでやらなくても良いけどもやって損があるわけではない類の習慣だと分かります。やるのがダルい、時間をとる、といった問題はありますが、逆に言えばそれだけです。やっていてそれ以外のデメリットはないので、やれる気分の時にはやるようにしています。

他にもネット上で良く見かけていた「運動、瞑想、睡眠、野菜」のフレーズの影響もあります。これについてはググって貰えたらxevraという極端な人が騒いでいる様子が見て取れると思います。

ネット上では半分ネタ、半分本気みたいな捉え方をされている上のフレーズですが、これもまた悪いことは何も言っていません。どちらかといえば「そりゃそうだよね」といった感じで、瞑想以外の3つに関しは分かっちゃいるけど生活に取り入れられないものです。自分はリモートワークで時間が有り余ってるので、瞑想も含めて4つの要素を意識的に生活へ取り入れているわけですね。ありがたいものです。

本・web

マインドフル・ワーク 「瞑想の脳科学」があなたの働き方を変える https://www.amazon.co.jp/dp/4140816775/

サーチ・インサイド・ユアセルフ ― 仕事と人生を飛躍させるグーグルのマインドフルネス実践法 https://www.amazon.co.jp/dp/B01ESTWPYC/

ブッダの瞑想法 ヴィパッサナー瞑想の理論と実践
https://www.amazon.co.jp/dp/B07FQJ4JY2/

瞑想に関する有名どころを挙げるとこんな感じになります。西洋の人間が書いた上2つの客観的な本を読んで「瞑想ってgoogle社内でもプログラム作られてるくらいだしすげえ~!仕事も人生もこれで最高になれるんだやべえ~~~」ってなってから3つ目を読んで具体的な方法を学べば良いと思います。

以上です。瞑想なんて所詮は運動と同じでやってもやらなくてもいいけど、やっておくと気分が良くなるもの、程度に自分は捉えています。そのことが伝われば幸いです。